クレジットを契約する際、一体一人何枚まで発行してもらえるのだろう?と疑問に思った人はいませんか?
クレジットカードは、一人何枚まで持てますよ、という決まりが特にないため審査に受かれば何枚でも持てるようになっているみたい。
大体の人は1~2枚だと思いますが、中には10枚以上持っていると言う人までいるそうですから、やはり決まりはないようです。
ただし、管理することが出来ないのであれば、複数持ち歩くことはやめた方がいいでしょうね。


クレジットカードってそんなに申し込めるの?

申し込みをすると言っても、短期間で申し込みをたくさんしてしまうと申し込みブラックで信用情報に登録されてしまいます。
一体どのようにして、多くのクレジットカードを発行してもらっているのか、それはやり方があるみたいです。
短期間で申し込みをするのではなくて、1年間ずつ申し込みをしているから申し込みブラックにはならないのだそうですよ。
上手に申し込みをして審査に通れれば、クレジットカードを発行してもらえるので、このやり方がおすすめですね。


必要なものだけ残す

中には50枚以上、カードを持っている人もいるようですが、必要なものだけ残しておきましょう。
あちこちのクレジットカードに手を付けてしまうと、その支払いが大変になってしまい苦しくなってしまいますからね。
使わないカードは、ハサミでばっさり切って使えなくしてしまいましょう!